TOP > ルミガンで育毛

ルミガンの効果と使い方をご紹介!続けることでまつ毛の成長を実感!

ルミガンの成分

ルミガンのパッケージ

まつ毛育毛剤として、非常に人気が高いのがアメリカの製薬会社で製造されているルミガンです。アメリカの食品医薬品局でも育毛効果が認可されている医薬品として、アメリカ国内外でとても有名なのです。医薬品で認可されるには、何度も臨床試験を繰り返し、厳しい審査を通過しなければなりません。その審査を見事通過し、しかもまつ毛の発育に効果が見られるということが認められているので、効果に関しては信用に値するものでしょう。

冒頭でもお話しましたが、ルミガンはもともと緑内障の治療薬として使用されていたものですが、副作用としてまつ毛の発育に効果があることが分かったので、まつ毛育毛剤として再開発されたのです。

ここで、ルミガンの本来の使用目的である、緑内障について少しご紹介します。

眼球内には房水という水分が循環しているのですが、房水が増えすぎることで眼圧が上がってしまい、視神経を弱めてしまいます。その状態を高眼圧症というのですが、その結果、視力低下や視野が狭くなる現象を緑内障といいます。

ルミガンの有効成分であるビマトプロストは、その房水の流出量を増加させ眼圧を下げる働きをするのです。ビマトプロストはプロスタグランジン製剤という薬に分類され、緑内障の治療薬としては有効性が高いことでも知られている優れた薬なのです。

本作用が緑内障治療なので、まつ毛の発育は思わぬ副作用でしたが、今となっては女性にとって嬉しいものになっているのです。

使用方法としては、ルミガンは点眼薬なので緑内障治療に使用する時には直接目に1滴垂らしますが、まつ毛育毛剤として使用する時には、目に入れるのではなくまつ毛の生え際に塗ります。この際に、目に入らないようにすることを注意しなければなりません。不必要に眼圧を下げてしまうと結膜充血を起こしてしまう危険性もあるので、使用する際には注意しましょう。

なぜまつ毛が育つ?

ルミガンで成長したまつ毛

緑内障の治療薬として使用されていたものがなぜまつ毛の発育に関与するのでしょうか。

緑内障で傷ついてしまった目を守るためにも、まつ毛が強くなってくれるのはとても嬉しいですが、どういう仕組で緑内障治療に使用されるルミガンがまつ毛の発育に効果的なのかが不明確だと、使用するのにも不安を感じてしまいますよね。

なぜルミガンが効果的なのか……その要因はルミガンの有効成分・ビマトプロストにあるのです。

ビマトプロストには、毛包を刺激する作用があります。

毛包は毛根に存在するため、毛包に刺激が与えられることでまつ毛は成長するのです。

また、刺激が与えられてまつ毛が伸びるだけでなく、毛周期における成長期間を長くする働きもあります。よって、生え変わる周期を長くし、新しく丈夫で長いまつ毛が生えてくるのです。

それだけでなく、まつ毛の色を濃く見せるメラミン色素の生成を高める働きもあるので、黒々としたまつ毛になるのです。まつ毛は一本一本が細いので、しっかりとしたまつ毛でなければ存在感を発揮しません。ちょっとやそっとの力では抜けないようなまつ毛を育成することがルミガンでは可能なのです。

生えているまつ毛はより強靭に、新しいまつ毛は丈夫なものを、という様にまつ毛の生え変わりにも関与してくるのです。

効果を実感できるまで

ルミガンをまつ毛に塗った女性

ルミガンの有効成分であるビマトプロストの特徴として、即効性がないことが挙げられます。確かに、あっという間にまつ毛が伸びてフサフサになることを想像したら、結構怖くも感じますよね。とはいえ、なるべく早く伸びてほしいと思う人にとってはなかなかもどかしく感じてしまうでしょう。

ルミガンの試験によると、試験者の約8割程度の人に使用を開始してから4ヶ月近く経った頃までに効果が見られた、という結果が出ています。

人それぞれではありますが、短い人でも2週間、長い人だと半年近く経ってもあまり目に見える効果は感じることができないようです。しかし、確実に言えるのは、長期使用をしなければ効果が現れることはないということです。

髪の毛の育毛剤もそうですが、すぐにフサフサになることはもちろんありません。じっくりと時間をかけてジワジワ効果が出てくるものなので、あっという間に大変身!なんてことを期待してはいけません。

もちろん、効果が出ないと不安になってしまい、途中でもう諦めようかな…と思い始めてしまう人も多いと思います。しかし、ルミガンは途中で使用を中止してしまうと、またゆっくりと時間と時間をかけて元のまつ毛に戻ってしまうのです。ルミガンを使用することで目に見える変化はなかったとしても、毛周期には何かしらの変化を与えてくれています。なのに、途中で諦めてしまうのはとてももったいないことです。

ルミガンは、基本的には短くても2ヶ月は使用を続ける必要があります。この2ヶ月は、ルミガンを使用した人が効果を感じた期間を平均して算出したものなので、2ヶ月経てば確実に効果が出るわけではありません。

最初にも言いましたが、発毛スピードは完全に人それぞれで、短い人もいれば長い人もいます。どちらに分類されるのかは分かりませんが、変化がないからといってすぐに諦めるのではなく、長い目で使用を継続するようにしましょう。