まつ毛美容液(育毛剤)の効果は確実!有効成分でコンプレックスも簡単に解消!

コンプレックスを持って生きている人は多い

コンプレックスを感じている女性

女性の多くは、何かしらのコンプレックスを抱えながら生きています。

男性目線で言えば、なぜそんなことがコンプレックスに感じるのか、と思ってしまうようなことが女性の抱えるコンプレックスランキングに入っているようです。

女性は、やたらと周りの目を意識しすぎる傾向にあるので、些細な事でもコンプレックスに感じてしまうのでしょう。

女性が抱えるコンプレックスとして、最も多いのは自分自身の体型に関することです。

体型の問題としては、太っている、身体のバランスが悪い、脚が太い、などが挙げられます。一見全然そうは見えない人ですら、人と比べて自分は太っている、と思い込み悩んでしまっている人も多いのです。

男性はやや肉付きのいい女性が好きだったりするのですが、男性の好みがどうこうより、同じ女性にどう思われているのかを気にしてしまうので、ちょっとでも太ってしまうと痩せなければ!と必死に食事制限をしたりするのです。

個性と思えば個性ですし、コンプレックスと思えばコンプレックスになってしまうので、自分自身と付き合っていくのは非常に難しいところではあります。

まつ毛の短さがコンプレックスに

まつ毛の短さをコンプレックスに感じている女性

女性が抱えるコンプレックスにはいろいろありますが、数年前にはなかったはずのことが最近ではコンプレックスに感じている女性が急増しているのです。

そのコンプレックスの代表的なものは、まつ毛に関するものです。

まつ毛が短いことをコンプレックスに感じているのです。

確かに日本人のまつ毛は、欧米諸国の人々よりも短いという調査結果がでています。

欧米人は顔の凹凸がハッキリしているので、スッと伸びた鼻、パッチリとした目、長いまつ毛に憧れを抱いている女性も多いでしょう。

自分もあんな顔立ちになりたい!と羨ましく思う気持ちが、余計にまつ毛の短さをコンプレックスに感じさせているのです。

そもそもまつ毛が短いことをコンプレックスに感じる理由は、目の大きさに関わってくるからでもあります。

まつ毛が短いことが嫌というよりは、まつ毛が短いことによって目の大きさが強調されないことが嫌なのです。

目が小さい女性は、やはり女性らしさに欠けてしまう印象がありますよね。

目力がない人は顔全体がぼやけてしまい、なんとなく元気を感じることができないなど、何かとマイナスな印象を抱かれてしまいます。

それだけでなく、魅力や可愛らしさも半減してしまいますし、人の印象は目元で決まると言われているほど目は大事なのです。

印象を良くするために目をハッキリと強調させるには、まつ毛の長さが必要不可欠なのです。

しかし、印象づけるために必要なまつ毛が短いとなると、もうどうしようもありません。マスカラとビューラーを駆使して長く見せようにも、やはり限界があります。

自まつ毛を活かすメイク法なので、元が短ければ長く見せることも容易ではありません。自まつ毛の長さに関係なく使用できるつけまつ毛なんかも販売されていますが、遊ぶ時にはいいかもしれませんが仕事の場ではなかなか受け入れられるものではないでしょう。

露骨なものだと違和感があり、むしろわざとらしさが悪い印象になってしまうこともあります。

目の上に異物感があり、つけまつ毛自体あまり好きではない、なんて人ももちろんいるでしょう。

また、マスカラもつけまつ毛も、取るときに自まつ毛にダメージを与えてしまうのであまりよくありません。短いまつ毛を自然な状態で長く見せる、というのは意外と難しいことなのです。

まつ毛の長さでメイクは変わる

長いまつ毛

まつ毛の長さは、メイクを盛るために必要な要素の1つです。

先程も言ったように、まつ毛で人の印象は決まります。

しかし、まつ毛を盛るためのマスカラやビューラーは、まつ毛に十分な長さがなければなりません。

短いまつ毛でやったとしても盛ることはできないのです。

まつ毛が短いことをカバーしようと、濃いアイメイクをしたくなる気持ちも分かりますが、その行為もまつ毛を傷めつけるのです。

濃いアイメイクをすると、その分落とす時が大変です。

アイメイクが残ってしまうこともまつ毛の伸びにくさの原因になりますし、とはいえ強くこすらないとなかなか落ちないこともあるので、どちらにせよ濃いアイメイクはまつ毛には良くないのです。

メイクを普段頑張ってしている人ほど、まつ毛は傷み、抜けやすくなってしまう、短くなってしまう、などの被害が出てしまいます。

メイクを意欲的にしているにも関わらず、努力が報われないとはこのことか…と悲しくなってしまうでしょう。

しかも、メイクを毎日頑張っている人のほうが、まつ毛に関しても関心や注意が向くので、短くなってしまうことを敏感に察知してしまい、そのことがコンプレックスになってしまうのです。

女性の顔を明るくさせるためのメイクなのに、まつ毛が短いことでうまく決まらないのは非常に残念なことでもあります。

目の大きさもまつ毛で

目の大きさもまつ毛で大きく見せられる

何度も言っていますが、目の大きさは目の本来の大きさはもちろんのこと、まつ毛でもかなりボリュームアップすることができます。

目が小さいことで悩んでいた人も、つけまつ毛を付けたり、マスカラをすることでかなり大きく見せることができます。

近年、半顔メイクと呼ばれるメイク法が注目を浴びました。

半分はばっちりメイクをして、半分は完全にノーメイクの状態で写真を撮るのが流行り、もはや同一人物とは思えないこともあって、整形メイクとも呼ばれていました。

半顔メイクがそんなにも騒がれた理由としては、両方を照らし合わせて見た時に、明らかに目の大きさが倍以上になっていることが挙げられます。

人の印象は目で決まる、と冒頭でも言いましたが、半顔メイクでもやはり目が一番印象に残っている人も多いでしょう。

実際に半顔メイクの写真を見たことがある人なら分かると思いますが、もともとは目も細くて、まつ毛も短くパッとしないむしろ男性的な顔なのに、メイク後には目力もあって、とても可愛くなっているのが不思議な感覚になります。

半顔メイクでは、アイメイクももちろん重要ですが、まつ毛も非常に重要なので、必ずと言っていいほど、つけまつ毛などで盛っています。

まつ毛は、女の子をより女の子らしく、可愛く見せるにはかなり役に立つのです。

やはり、男性にとっても目が綺麗に見える女性の方が魅力を感じるはずなので、まつ毛は女性の美しさをあらわすものでもあるのです。

まつ毛を長くするための生活習慣

コンプレックス解消のための民間療法

オリーブオイル使ったまつ毛を長くする民間療法

民間療法というのは、医師の手に頼るのではなく、民間人の間で行われている健康法のことで、古くから伝えられている方法や最新の技術を利用して行うものもあります。

分かりやすい例を挙げるのであれば、「しゃっくりが出たら息を止める」など、根拠がどこにあるのか分からないが、昔からそう言われているからついやってしまうようなものも民間療法に含まれます。

「お茶でうがいをする」というのを聞いたことのある人も多いと思います。

これも、もともとはただの民間療法でしたが、医学的に効果があると証明されているので、きちんと根拠のある民間療法でもあります。

他にも、病気の治療にも用いられている民間療法もあるほど、効果を期待されているものでもあるのです。

コンプレックスを解消するにも、民間療法は存在します。

例えば、太っているのが悩みの人は白湯を飲むといい、胸が小さいことが悩みの人は揉んだら大きくなる、などがコンプレックスを解消するための民間療法とも言われています。

体温くらいの水を飲むことは、体内の血流をよくし、代謝を上げるのには効果がありますが、それがダイエットに繋がるという確かな根拠はありません。

まつ毛にコンプレックスを持っている女性の中にも民間療法にチャレンジしたことがあるのではないでしょうか。

たとえば、まつげに馬油を塗る、ニンジンの汁を塗るなんかがあります。

実際にこれのおかげで伸びたという人もいるくらいなので、人によっては効果があるのかもしれませんね。

他にもオリーブオイルやキャスターオイル(日本では「ひまし油」とよばれています)などを塗ることで育毛効果を実感できたという方もいるようです。

このような方法に興味があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

もちろん効果のほどは定かではないので、絶対に効果を出したいというのであれば、まつ毛育毛剤などを使っていきましょう。

まつ毛育成に効果的な食事療法

食事との関係を説明する医者

食事療法とは、食事のバランスや多めに摂取する成分を整えることで病気の療養をする際に行ないます。病気の療養だけでなく、病気の予防や健康維持、美容やダイエットのためにも食事療法を行う場合もあります。

一時期、◯◯だけダイエット、と呼ばれるダイエット法が流行ったのをご存知でしょうか。その名の通り、ダイエット中に摂取するのは◯◯だけ、という非常に過酷な食事療法です。もちろん、これは健康的に痩せることはできないのであまりいい方法ではありませんが、短期間ですぐに痩せられると、とても注目を浴びたのです。痩せたのが食事によるものなのか、運動によるものなのかは定かではありませんが、食事療法が注目されるようになったキッカケとしては間違いありません。

そして、まつ毛に関する食事療法も存在します。まつ毛と食が関係するとは思えない、なんて声も聞こえてきそうですが、実は食事とは密接な関係があるのです。毎日しっかりとまつ毛を傷めつけないようにするためのケアをしてあげることも必要ですが、まつ毛を長くするために役に立つ成分を摂取することも重要です。

まつ毛にいい成分を摂取すればまつ毛は育つ?

まつ毛育成に栄養の必要性を指摘する医者

まつ毛は体毛の一種なので、髪の毛と同じように十分に栄養が行き届かなければ育つものも育ちません。

もちろん、これを食べれば確実にまつ毛が伸びる!なんてものはありません。

あくまでも、発育に必要な成分を多く含んでいる食材を食べるようにするといい、という程度のものなので、保証はできません。

しかし、全く意識せずに生活するよりは、意識的に摂取していくほうが効果はあると思います。

まつ毛の発育に効果的な食材が何かを知っているだけでも、今後食事する際には意識してその食材を選べるようになるはずです。

まつ毛にいい成分ケラチン

ケラチン

髪の毛とまつ毛は、生えている場所も太さも長さも伸びるスピードもまるで違いますが、両方とも主成分は「ケラチン」です。

ケラチンはタンパク質の一種で、約18種類のアミノ酸で構成されています。

髪の毛やまつ毛以外に爪の主成分でもあり、動物の角や蹄、羽、うろこ、くちばしなどを生成する成分でもあります。

髪の毛やまつ毛は柔らかくて細いのに、硬くて丈夫な角と同じ主成分なことに驚いてしまう人もいるでしょう。

そもそも、ケラチンは強度のある硬タンパク質です。

角や蹄は身を守るためについているように、髪の毛は頭を、まつ毛は目を守るために生えているものなのです。

本来、硬くあるべきものが進化の過程で柔らかくなっただけなので、むしろ髪の毛やまつ毛の方が異例なのかもしれません。

このケラチンを構成しているのは、必須アミノ酸と呼ばれるもので、体内で生成できない成分でもあります。

よって、まつ毛の発育に必要なケラチンは、食材から摂取しなければならないのです。

日々の食生活は髪の毛やまつ毛、爪の強度を上げることにも影響してきます。

ケラチンはどんな食材に含まれている?

タンパク質

ケラチンを効率よく食材から摂取しようと思った場合には、まずはタンパク質を多く含む食材をとらなければなりません。

ケラチンは、タンパク質を摂取すると体内でアミノ酸に分解されます。

そしてその分解されたアミノ酸が再合成することでケラチンが生成されるのです。

ケラチンはアミノ酸が集合してできている成分なので、ケラチンを含む食材をとるというよりは、ケラチンを合成してくれる食材をとることが必要になってきます。

まずは、アミノ酸を作り出すために必須であるタンパク質をとりましょう。

タンパク質を多く含む食材としては、肉、魚、乳製品、卵、大豆製品です。

特に、大豆に含まれているイソフラボンはホルモンを活性化させる働きがあるので、美容にも効果があるのでオススメです。

そして、タンパク質をアミノ酸へ分解する働きを促進する成分のビタミンBの摂取も必要です。

ビタミンBは、レバー、まぐろ、かつお、うなぎなどに多く含まれています。

また、ビタミンB群には、ビオチンという髪の毛を予防するビタミンがあります。

レバーにもビオチンは多く含まれていますし、他にもいわしや落花生にも含まれているので、ビオチンを多く含む食材にも注意してみるといいでしょう。

しかし、タンパク質とビタミンBを含む食材をとるだけではいけません。

アミノ酸からケラチンへと再合成させるのに必要な成分を含む食材の摂取も必須なのです。

その成分は、亜鉛です。

亜鉛が不足してしまっていると、せっかくアミノ酸に分解されたタンパク質はケラチンになることはできないのです。

とはいえ、亜鉛って何に含まれるのか…と思いますよね。

あまり聞き馴染みのない成分なので、意識的に摂取することはないと思いますが、亜鉛はビタミンBを多く含む食材と同じく、レバーやうなぎにも含まれているのです。

他にも、チーズや大豆などにも多く含まれています。

つまり、レバーやうなぎは全ての成分を含んでいるので、ケラチン生成には最適の食べ物と言えるでしょう。

ケラチンだけ摂っても意味はない

緑黄色野菜

ケラチンを多く含む食材に偏って食事をすればまつ毛は伸びるのか、というともちろんそうではありません。

ダイエットもそうですが、美容に関してもバランスの取れた食事をとることが何よりも大事なのです。偏った食事は免疫力の低下にも繋がりますし、お肌にとって決してよくありません。3食きっちり食べることもまつ毛の発育には必要不可欠です。

まつ毛の発育を気にしつつも、やはり肌の調子も気になりますよね。

タンパク質も肌にハリを与えてくれる成分として作用しますが、肌の保護をしてくれる成分としてビタミンAの摂取をオススメします。

ビタミンAが不足してしまうと、細菌などに対する免疫力や抵抗力が低下してしまい、肌荒れやニキビの原因になってしまいます。

まつ毛だけ伸びても、肌が汚かったら意味は無いですよね?

そうならないためにも、ビタミンAを多く含むにんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜や果物を積極的に食べるようにしましょう。

まつ毛育成に最適なレバーやうなぎもビタミンAを多く含む食材なので、定期的に食べるようにすると非常にいい効果が見られるようになるでしょう。

民間療法は継続が必須

民間療法は継続が必須なことを説明する医者

美容に関する民間療法や食事療法は、たった1日したからでは何の効果もないものがほとんどです。

1日で劇的に美しくなれるのであれば、この世に美容整形外科は存在しないでしょう。

多くの人が途中で面倒になってしまって辞めてしまう、または効果をなかなか感じることができずに諦めてしまうのです。

しかし、民間療法も食事療法も続けることに意味があるので、諦めてしまったらそこまでです。

特に、食事療法は長く継続していかなければなりません。

確かに、食生活を変えることは面倒かもしれませんが、1日でも長く続けることが重要です。

最初にも言いましたが、食事を改善したからといって確実に効果が発揮されるわけではありません。

しかし、食事療法を長く続けることができるほどのやる気や根気を持っているのであれば、美容に対する意識も高く維持できるはずです。

まつ毛の丁寧な手入れと並行して、ダメ元でも食事療法を試してみると効果が出やすくなるでしょう。

まつ毛のコンプレックスは薬で改善!

育毛剤でまつ毛を育てる

まつ毛を育てている女子

民間療法や食事療法などの不安定な方法は信用できない、と思う人も中にはいると思います。

やはり、確実に効果を得たいと思いますよね。

まつ毛を確実に育てるには、育毛剤がオススメです。

まつ毛の育毛剤は、医薬品ではなく医薬部外品に分類されます。

医薬品に比べて効果はやや薄まってしまいますが、医薬品にありがちな副作用が出る可能性が極めて低く作られているので、健康を害することなくまつ毛の発育ができるのです。

まつ毛育毛剤には、まつ毛を伸ばすだけでなく、抜け落ちてしまうのを防止する、新しいまつ毛が生えてくるようにする、などまつ毛育成にとってはとにかく嬉しいこと尽くしなのです。

そんなまつ毛育毛剤ですが、インターネットが普及している現代では、輸入代行を行っている通販サイトを利用して誰でも簡単に個人輸入という形でまつ毛育毛剤を購入することができます。

お薬の個人輸入はコチラ

育毛剤は髪の毛だけではない

まつ毛の育毛剤について説明する医者

育毛剤、という言葉を聞くと、誰でも髪の毛の方を想像してしまうでしょう。

世間的に育毛剤は髪の毛に使うものであるとの認識が強いので、まつ毛育毛剤はあまり認知されていないのが現実です。

薄毛に悩んでいる人も多く、まつ毛と違ってやはり髪の毛は人目につきやすいものでもあるので、利用者も非常に多いのでしょう。

まつ毛育毛剤利用者の大半は女性ですが、反対に髪の毛の育毛剤は男性が大半を占めています。

というのも、薄毛は男性に起こりやすいのです。

男性ホルモンは、髪の毛の発達を早める、ということを聞いたことがあると思いますが、これは噂ではなく実証されていることなのです。

髪の毛が生え変わるたびにどんどん細くなり、結果的に薄毛になってしまうのです。

男性は整髪料を使うことが多いので、毛根には汚れや皮脂などが詰まってしまっている事が多いのです。

女性ももちろんヘアースプレーなどの整髪料は使いますが、基本的には髪の毛先だけに使う事が多いので、直接毛根にダメージを与えることはありません。

その整髪料などの汚れが詰まってしまうことで血行が悪くなり、髪の発育に必要な栄養分が十分に行き渡らなくなるのです。

その結果、毛根が弱まってしまい髪の毛が抜けてしまう、新しく生えてくる髪の毛が細い、などの髪のトラブルが起きてしまうのです。そんな時に使用するのが育毛剤です。育毛剤のメカニズムとしては、髪の毛の生えている毛根の血管を拡張することで血行を促進し、栄養が行き渡りやすい状態を作ります。

育毛剤にも種類が様々あり、毛根に詰まっている汚れを取り除く働きをする育毛剤もありますし、男性ホルモン自体を抑制するものもあります。

同じ育毛剤ではありますが、まつ毛育毛剤とは全く違う働きをするのです。今や育毛剤は髪の毛のものではありません。女性にとっては必見なので、まつ毛育毛剤のメカニズムなどを把握しておくようにしましょう。

まつ毛育毛剤とは?

まつ毛育毛剤

まつ毛育毛剤がどういうメカニズムでまつ毛の発育や発毛に関与しているのかというと、簡単に言ってしまえば、今生えているまつ毛を守りながら、新しい丈夫なまつ毛を作るのです。

まつ毛育毛剤がまつ毛の元となる毛母細胞に働きかけることで、まつ毛には十分な栄養が送られるようになります。

毛母細胞は細胞分裂を繰り返すことで新しいまつ毛を作り出します。

今あるまつ毛は丈夫に、そして新しく生え変わるまつ毛はより丈夫にするのです。

また、まつ毛を丈夫にするだけでなく、毛周期を早める効果もあります。

毛周期というのは、まつ毛が伸び、止まり、抜け、そして新しいまつ毛が生えてくるサイクルのことを言います。

人によって本数ももちろん異なりますし、毛周期もばらばらです。

この毛周期を早めることは、まつ毛の成長を促すことに繋がります。

まつ毛育毛剤の働きは、まつ毛の量を増やすことと、まつ毛の発達を促すことにあるのです。

実は、まつ毛育毛剤の働きはそれだけではないのです。

まつ毛の周りの皮膚の血行を良くすることで、まつ毛がより発育しやすいようにしてくれるのです。

まつ毛育毛剤は、直接まつ毛の育毛に作用するだけでなく、まつ毛が育つ環境そのものを変化させることもできるとても優れた育毛剤なのです。

なぜまつ毛育毛剤ができたのか

まつ毛育毛剤使用中の女性

まつ毛育毛剤がどういう過程で作られたのかご存知でしょうか。

実は、まつ毛育毛剤はもともとまつ毛育毛剤として作られたものではないのです。

緑内障の治療薬として使用されていたのですが、使用したほとんど人のまつ毛が長くなったのです。

薬の副作用は基本的には苦痛に感じるものが多い中、副作用でまつ毛が長くなるなんて嬉しいことですよね?

そのことをキッカケに、緑内障の治療薬の主成分をまつ毛育毛剤として作り始めたとも言われています。

まつげを伸ばしたい!という女性の永遠の願いを、思わぬ形で叶える方法を見つけ出したのです。

そこからは、まつ毛育毛剤やまつ毛美容液など、まつ毛に関する商品がどんどん開発されるようになりました。

今まではまつ毛に対してあまり関心がなかった女性も、ブームに乗っかりまつ毛のケアをしっかりとするようになった傾向にあります。

まつ毛エクステが流行りだしたのも同じ頃でしょう。

まつ毛エクステは2000年に入った頃、日本に入ってきました。

今では芸能人も当たり前にしているほど、かなりポピュラーなものになっています。

しかし、まつ毛エクステには悪い評判もつきものです。

まつ毛エクステに行ったのにすぐに抜けてしまった、植え付ける際に使用する瞬間接着剤のようなものが目に入ってしまって角膜炎や目の充血を引き起こした、などさまざまなトラブルが発生しています。

まつ毛エクステは、美容外科だけではなく美容院などでもおこなっており、美容師免許があればできるのです。

美容師免許はあるけど、まつ毛エクステに関する知識があまりない人がやる、または免許すら持っていない人がやる、などの事例もあります。まつ毛エクステをしようと思っている人はきちんと実績や評判のいいところを選ばなければ大変なことになってしまうので、要注意です。

まつ毛育毛剤の種類

まつ毛育毛剤を塗っている女性

今回ご紹介しているのは「まつ毛育毛剤」ですが、よく似た名前で「まつ毛美容液」というものがあります。

まつ毛育毛剤は、まつ毛の生えていない場所から発毛することができますが、まつ毛美容液はそれができません。

現状のまつ毛のダメージを修復する働きをするので、まつ毛美容液では量を増やすことはできないと思ったほうがいいでしょう。

もちろん、しっかりと毛母細胞に栄養は行き届くので、新しいまつ毛は丈夫なものが生えてきます。

まつ毛美容液は、まつ毛エクステなどをした後そのまつ毛を維持するために使用する場合がほとんどです。

なので、まつ毛が短いことが悩みの人は、まつ毛美容液よりも圧倒的にまつ毛育毛剤のほうが効果を感じることができます。

また、まつ毛育毛剤にもいろいろな種類があります。

今回ご紹介しようと思っているまつ毛育毛剤は、「ルミガン」と「ケアプロスト」と「ビマトアイドロップス」です。

ルミガンが先発医薬品で、ケアプロストとビマトアイドロップスはインドの製薬会社が製造しているジェネリック医薬品です。

これらをオススメする一番の理由は、効果はもちろんのこと、どれも非常に安価で購入できるということです。

美容には多額のお金がかかってしまうことは経験上みなさんご存知でしょう。

化粧品を揃えるだけでも結構な費用がかかってしまうので、まつ毛育毛剤はなるべく低価格で抑えたほうが嬉しいでしょう。

この3つのまつ毛育毛剤について、簡単にご紹介していきます。

ルミガン

ルミガン

先発医薬品であるルミガンは、日本の美容クリニックでも手に入るまつ毛美容液です。

アメリカの製薬会社で作られている薬で、本来は緑内障の治療薬として使用されていたものです。

後ほど詳しくご紹介しますが、ルミガンに含まれている有効成分が、緑内障治療とまつ毛の発育に作用するのです。

また、ルミガンはまつ毛育毛剤の中でも高く評価されており、人気もあります。

人気の理由としては、まつ毛をただ生やすだけでなく、太く、長く、そして黒くしてくれるからです。

まつ毛が健康状態になるように働きかけてくれるので、生えているまつ毛自体も理想的な状態へと変化してくれるのです。

長さで悩んでいる人、ボリュームの無さで悩んでいる人、まつ毛が傷んでしまっている人などさまざまな人にとって嬉しい効果が出るので、まつ毛の悩み全般に働きかけてくれるまつ毛育毛剤なのです。

ケアプロストとビマトアイドロップ

ケアプロスト

人気も実績も兼ね備えているルミガンにはジェネリック医薬品があります。

ジェネリック医薬品は先発医薬品に含まれる成分や製造方法が一緒なので、もちろんもたらされる効果も同じです。

製造している会社は異なりますが、両方ともインドの製薬会社です。

インドは世界の中でもジェネリック医薬品を積極的に製造している国でもあります。

なので、品質に関しても効果に関しても先発医薬品同様、安心して利用できる薬です。

また、ジェネリック医薬品ということで非常に安価で購入することができることもケアプロストとビマトアイドロップスの使用者が増えている理由にあります。

同じ効果をもたらす薬なら、安く購入できた方がいいと感じる人は多いでしょう。

ケアプロストとビマトアイドロップスは、購入する場所にもよりますがほとんどの場合、ケアプロストはこの3つのまつ毛育毛剤の中では最も安く、次いでビマトアイドロップス、そしてルミガンという順で高くなっていきます。

とはいえ、ケアプロストとビマトアイドロップスの価格差はほとんどないので、どちらを使用するかは正直な話、相性によります。

もちろん、全く一緒の薬ではないので、人によってどちらか一方は効果を感じられたが、もう一方は効果を感じることができなかった、ということもあります。

最初にどちらを選ぶかは完全に利用者の判断に委ねられるので、いろいろ見比べてみて、いいと思った方を選ぶようにしましょう。

ケアプロストの通販

おすすめの記事

ルミガンのパッケージ

ルミガンで育毛

ルミガンの効果と使い方をご紹介!続けることでまつ毛の成長を実感!

ジェネリック医薬品について説明する医者

人気のジェネリック医薬品

ルミガンのジェネリックならケアプロストとビマトアイドロップが人気!

通販サイトでルミガンを購入する女子

通販で購入すると安い!

ルミガンの購入は通販がお得!まつ毛育毛剤をクリニックで入手する場合との違いをご紹介!

口コミを見る女子

口コミを参考にしよう

まつ毛美容液の口コミをご紹介!まつ毛育毛剤を実際に使った人の感想を是非参考に!